オオサカ愛、チーム愛、サポーター愛 オオサカセレッソマニア オオサカ愛、チーム愛、サポーター愛 オオサカセレッソマニア

Scroll
公開日2022.09.08

紹介してくれるマニアさん

株式会社セレッソ大阪 代表取締役社長森島 寛晃さん

プロサッカークラブ、セレッソ大阪の代表取締役社長。2008年10月の現役引退まで18年間、セレッソ一筋でプレー。現役時代には日本代表にも選出され、ワールドカップも経験した。今は“日本一腰の低いJリーグクラブ社長”として知られている。

セレッソのファン・サポーターが集う聖地

4年に1度行われる国際大会、ワールドカップ開催時には大きな関心を集めるサッカーですが、大阪市にプロのサッカークラブ『セレッソ大阪』があるのをご存じでしょうか?スペイン語で大阪市花である「桜」を意味する「セレッソ(CEREZO)」をチーム名に冠したセレッソ大阪は、1957年に創部されたヤンマーディーゼルサッカー部が前身。1993年に現在のチーム名となり、1995年からプロサッカーリーグ『Jリーグ』に参戦し、現在はその最高峰である「J1リーグ」でエキサイティングな熱戦を繰り広げています。
今回、サッカーに興味・関心はあるけど、スタジアムでの試合観戦はまだ少し不安かも……という方、セレッソ大阪のことを知りたい・話したい、セレサポ友だちを作りたい、ここもセレッソ大阪とつながりが!?、どんなグッズがあるのか気になる!といった方々の参考になれば――ということで、“セレッソマニア”が集まる聖地を紹介します。

目次

お酒とスポーツ観戦を楽しめるスポーツバー

気軽に試合観戦の雰囲気を味わうならまずはココへ

気軽にサッカーの試合を見てみたい、応援の雰囲気を味わいたい方におすすめなのが、お酒もスポーツ観戦も楽しめる『HUB』です。全国各地に店舗を展開し、大阪市内だけでも10店舗が存在。そのうちの心斎橋店、あべのキューズモール店、梅田東通り店の3店舗がセレッソ大阪応援店舗になっています。その中で今回紹介するのは“ミナミ”にあり、「10年以上はずっと応援していると思います」(シニアマネージャー)という心斎橋店。店内には選手たちのプレー写真やサイン入りユニフォーム、タオルマフラーなどが展示されているほか、「グッズをくれる常連さんがいるんです」と教えてくれたように、プレゼントされたグッズも飾られています。
試合日には店内の大型モニターでホームゲーム、アウェイゲームを放送。ホームゲーム開催時はファン・サポーターの皆さんは実際にスタジアムに足を運ぶため店内は混まないとのことですが、「最近、セレッソさんは劇的な試合をしてくれるので、アウェイ戦は大体満席になります」。テーブルが埋まった時点で入店できなくなるため、アウェイゲームの時は早めの予約がおすすめです。ちなみに、スポーツ観戦の醍醐味でもある一体感を味わいたい人は、「アウェイゲームの時の方が一体感があっていいかなと思います」。逆に、ゆったりと試合とお酒を楽しみたい人には、ホームゲーム放映時の来店がいいかもしれません。
フードメニューも充実しているHUBでファン・サポーターの方に人気なのが本場イギリスのレシピに基づいて作られている「ザ・フィッシュ&チップス」(1ピース/400円、2ピース/700円)。外はサクサク、中はホクホクした白身魚のフライとフライドポテトをタルタルソースかケチャップでいただきます。その他にも、食欲をそそる甘めの特製ジンギスカンソースで漬け込まれたボリューミーな「ラムケバブ」(1本500円)も人気。「観戦しながら食べるので、パスタなどのお食事メニューよりも、手でもつまめるメニューがよくでます」とのことです。
ドリンクメニューには、応援店でしか味わえない「セレッソ大阪応援ドリンク」もあります。「ビール」(950円/ハッピーアワー850円)、レッドブルウォッカに桜シロップを加えた「レッドブル桜スペクタクル」(890円/ハッピーアワー620円)、桜シロップを使用した甘めで女性でも飲みやすい「サクラサクハイボール」(700円/ハッピーアワー490円)、クラブマスコットの「マダム・ロビーナ」をイメージしたノンアルコールのピンクレモネード「ロビーナさん」(600円/ハッピーアワー420円)の4種。「売上金の一部がクラブ運営費に充てられるということで、お客さんの中では暗黙の了解みたいな感じで1杯目はこれを頼んでくれるんです。2杯目からは好きなものを頼んでいますが、1杯目に頼んでくれるところに愛を感じます」。本当にありがたいことです。
「HUBはテーブル会計ではなく、都度、自分でレジカウンターに買いに行くキャッシュ・オン・デリバリー・システムなので気軽さが売りですし、当店はお客さん同士も仲が良くて、特にセレッソさんの試合放映時には隣同士で会話したり、初めて来た方もサポーターの方と仲良くなってまた来てくれたりするんです。外国人のサポーターの方もちょこちょこいらっしゃいますし、今年は若い人が増えたなという感触があります」。イギリスのPUB文化の雰囲気に触れながら、セレッソ大阪の試合を楽しんでください!

★マニアさんのおすすめポイント★
御堂筋沿いのビルの2階にあるので、イルミネーションの時期などはロケーションも特にいいですし、デーゲームでは窓から太陽の光が差し込む中でお酒を飲みつつ試合観戦という最高の時間を過ごせます。
[cerezo_01]店舗情報

サポーターを魅了する絶品からあげと名物店主“親方”が魅力

アットホームな雰囲気でサッカー、セレッソ談義に花が咲く場所

続いて紹介するのは、2011年からホームゲーム開催時、スタジアムに『秘伝のからあげ鶴心』を出店し、お店でも観戦会を開催している『鶴橋らーめん食堂 鶴心 あびこ本店』です。軒先に暖簾ではなくセレッソ大阪のレプリカユニフォームがかかっているため、一見インパクト大ではあるものの、「来店されるお客さんの半分くらいはセレッソや他チームのサポーターさんが来てくれますが、うちは通常のラーメン店というか食事処としても営業しているので、例えばライトなサポーターさん、もしくは全然サッカーに興味のない人だったり、お子さん連れだったり、誰でも入りやすいお店やと思います」と“親方”として親しまれている名物店主・山本美典さんが話してくれたように、訪れやすいお店になっています。
「2011年に初めて出店した当初は全く売れなくて、どうすればいいのか考える中で、セレッソのこと、サポーターの皆さんの気持ちを知らないといけないと思って、当時、南津守にあった練習場に週3、4で通い、ファンサービスを受けて選手と触れ合ってみたりしました。そこでサポーターの知り合いを徐々に増やし、いろんな人と交流することでだんだんとセレッソサポーターが集まる空間になっていきました」と言うように、店内は選手のサイン入り色紙をはじめ、お客さんが持ってきたグッズや写真などがズラリ。実際に選手が来店して座ったテーブル席、キンチョウスタジアム(現ヨドコウ桜スタジアム)のスタンド席の椅子などもあるため、初めて訪れる人も楽しめると思います。
そんな『鶴心』おすすめメニューといえば、2012年のJリーグスタジアムグルメ大賞 ベストイレブンを受賞し、今でもホームゲームの出店時には長蛇の列ができるほど人気を博している「からあげ」(3個350円/6個600円)。「化学調味料をあまり使わないなど、下味を漬け込むタレにもこだわっています」という一品で、そのままで食べても十分すぎるほどおいしいのですが、特徴は何と言っても、からあげの上にかけるソースが多数あること。お店では8種類の中から選べ、スタジアム出店時は、「今はその日の限定を含めて11種類くらいあります」。その中でも人気のソースは、セレッソ大阪のチームカラーをイメージした明太子マヨネーズ味の“セレソース”。外はカリッ、中はジューシーなからあげによく合います。ピーチ味の「応援ピンクサワー」(560円)など、応援ドリンクも豊富なので一緒にいかがでしょうか。
トロッとした白い餡がかかった天津飯にからあげがトッピングされたこの「からあげ入り天津白湯チャーハン」(900円)、実はサポーター用の裏メニューになります。「リクエストにはこたえられるだけこたえようっていうようなスタイルでやっているので、一般の方も『サポーターさんの裏メニューを教えてください』と聞いていただければ」とのことです。
「試合までの期間が空くと、皆さん、サッカーであったり、セレッソを感じにここに来てくれるんです。私たちもセレッソ大阪、サッカーというフィルターを通すことでお客さんとの距離が近くなっていると感じますし、皆さんから前向きに明るく好きなものを応援していく、愛していくというスタイルを教えられたので、自分たちもそういうふうにあり続けたいと思っています」。ぜひ美味しいからあげと、親方として親しまれる名物店主を目当てに行ってみてください。

★マニアさんのおすすめポイント★
しっかりと下味がつけられているので、ソースをかけなくても十分においしい鶴心さんのからあげは1個が大きくボリューミーなので満足度抜群です。セレッソ愛、サッカー愛の強い親方とのトークも楽しんでください。
[cerezo_02]店舗情報

セレッソ大阪と関係が深い行列ができるたこ焼き屋さん

選手も大好き!珍しい塩たこ焼きをご賞味あれ

大阪名物といえば「たこ焼き」ですが、その名店の1つであり、行列ができるたこ焼き店として知られる「たこ焼道楽 わなか」もセレッソ大阪と関係があることを知っていますか? 「もう10年以上の付き合いになると思います」とスタッフの方が言うように付き合いは長く、ホームゲーム時の出店はもちろん、試合や練習の時の補食として選手たちにたこ焼きを提供。また過去には、DAZN加入者限定のたこ焼き食べ放題企画の実施や、ニッポンハムのシャウエッセンを使用した「シャウ焼き」、ナカバヤシが水耕栽培したレタスを使った「れたこ」をスタジアム出店時に販売するなど、ホームゲームの盛り上げに一役買ってくれています。その他にも、「道頓堀店でしたが、2019年にキム ジンヒョン選手に1日店長をしていただきました。大好評でサポーターの皆さんに喜んでいただけたのがよかったです」という選手の1日店長企画を行うなど、つながりの深いお店になっています。
こだわりの生地を使い、熱伝導率の良い銅板で強火で一気に焼き上げることで、外はカリッ、中はとろりとした食感を楽しめる「わなか」のたこ焼き。人気メニューは、フルーティーな甘さの“ソース”、甘口だし醤油を使用した“醤油”、苦みの少ないまろやかな味の塩を使った“釜炊き塩”という人気の味付け3種と期間限定の味が楽しめる「おおいり」(700円)。現在の期間限定の味は、明太子マヨネーズを使用した“明太マヨ”となり、それぞれ異なる味でたこ焼きを食べることができます。お店にしかないメニューなので、ぜひ足を運んで食べ比べてみてください。
続いて紹介する「明太マヨチーズ」(750円)もスタジアムでは食べられない、店舗限定のメニューになっています。熱々のたこ焼きの上にチーズをトッピングし、明太子マヨネーズがかけられた一品は、特に子どもや女性が好きな味かもしれません。ちなみに、たこ焼きの下に敷かれた敷紙はセレッソ大阪のチームカラーにちなんだ桃色なので、ピンク色の明太マヨネーズがかけられた“明太マヨチーズ”はSNS映えすることも間違いなしです!?
そして、「看板に近いくらい人気です」と教えてくれたのは、たこ焼きはソースという概念をいい意味で覆してくれる「釜炊き塩」(600円)。サポーター人気No.1とのことで、「スタジアムで食べていただく時は塩の注文が一番多いです。多分、選手の皆さんが『たこ焼きの塩味が好き』と言ってくれるので、その影響だと思います」。たこ焼きの上に塩をかけたシンプルなものですが、その分、こだわりの生地の味、食感を楽しむことができます。また、ソースとは異なり、時間が経ってもある程度は表面のカリッと感を保てるため、お持ち帰りにもおすすめです。
「セレッソさんと関わることで、サポーターの皆さんと一緒にチームを応援できることが楽しいですし、皆さんいつもスタジアムやお店に食べに来てくださるので、私たちもいつでもおいしいたこ焼きを食べていただけるように作らないといけないなって思っています。セレッソのことが好きな人たちが集まって、楽しく食べていただけるのがすごく嬉しいです」。珍しい塩味など、選手も舌鼓を打っている名物のたこ焼きを召し上がってみてください。


★マニアさんのおすすめポイント★
全国の皆さんにわなかのたこ焼きを味わってもらえるよう、店舗だけでなくオンラインショップでも「たこ焼きの素セット」が販売されているので、家でもわなかのたこ焼きを楽しむことができますよ。
[cerezo_03]店舗情報

聖地中の聖地に誕生したグッズショップ

応援に欠かせないグッズからアパレル商品まで充実の品揃え

サポーターが集まる聖地中の聖地といえば、セレッソ大阪のホームスタジアムであるヨドコウ桜スタジアム。その一角に今シーズンからグッズショップ『CEREZO STORE』が常設されました。「スタジアムに常設され、試合日を問わずオープンしているので、近くに住んでいるファン・サポーターの方はいつでも来られる状態です」(ストアマネージャー)というグッズショップは世界最大級のデジタルスポーツプラットフォーム企業であるファナティクスの日本法人ファナティクス・ジャパンとの共同運営となり、タオルマフラーなどの定番応援グッズから日常使いができるシンプルなデザインのアパレル商品まで、常時約1,000種類のグッズを販売。「基本的には毎週何かしらの新商品が売られるようになっています」とのことで、いつ来ても楽しめるグッズショップになっています。
新しくオープンしたショップの最大の特徴は、ヒートプレス機の導入によるカスタムサービス。その場でのレプリカユニフォームやコンフィットTシャツへのネーム&ナンバー加工が可能になったため、「もし応援している選手のレプリカユニフォームやコンフィットTシャツがなかったとしても混雑していなければ約10分ほどで圧着してお渡しできるので、すぐに着て応援に行けますし、その試合で活躍した選手のユニフォームが欲しいってなった時も対応できるので、これは1つの強みだと思っています」。ちなみに多い時で試合当日に100枚くらい圧着したというほど人気のサービスです。
ファン・サポーター同士の交流のきっかけになっているグッズも。それは「オンサイトカード」(1枚600円)。表面には選手の写真がランダムで入り、もう片面は自身が持っている画像にすることができ、運がよければ選手の直筆サイン入りカードが当たるというもの。機械を操作して購入するものですが、「どの選手が出てくるのか分からないので好きな選手が出てくるまで買う人もいらっしゃいますし、試合当日だとショップの前で交換している姿を見かけるので、このオンサイトカードやシークレットグッズはちょっとしたコミュニティ作りにもなっています」。ぜひ試しに引いてみてください!?
一番の売れ筋は「レプリカユニフォーム」(ネーム&ナンバー入り21,000円)ですが、「ライトな方におすすめなのはタオルマフラー(2,000円前後)です。種類が多くお値段もお手頃なので、初めて観戦に来られた方がよく購入される商品ですね。女性に人気なのは、スヌーピーとのコラボグッズ。かわいさがあるので人気です」とのこと。「スヌーピーマスコットキーチェーン」(1,980円)、「スヌーピーぬいぐるみ」(3,080円)もかわいいのですが、特に「スヌーピーマルチバンド」(1,650円)は手首につけたり、タオルマフラーを留めるのに使ったり、シュシュにしたり、いろいろなことに使えるので人気ということでした。
「試合に勝ったら“桜満開割”といって何かしらの商品を割引きするイベントなど、いろいろなイベントをやっているので、ストアのTwitterやInstagram、チームの公式ホームページをチェックしていただけたらありがたいです。グッズを買って応援していただくのはもちろん、シークレットグッズなどの交換で盛り上がるのも面白味の一つだと思うので、ショップやグッズを通じてコミュニティを作るきっかけになってくれたら嬉しいです」。平日もオープンしているので、お近くに来た際にはぜひ寄ってください。

★マニアさんのおすすめポイント★
全選手対応グッズが充実しているほか、オンサイトカード以外にも背番号と名前を自由に組み合わせることができるキーホルダーカスタム機も。正面ディスプレイにはホームゲーム開催に合わせて新作などが飾られるので要チェックです。
[cerezo_04]店舗情報
Let's Share!
Other Spot
  • 天王寺ミオ
    • 御堂筋線 天王寺駅
    • 谷町線 天王寺駅
    More
  • アポロビル・ルシアスビル
    • 御堂筋線 天王寺駅
    • 谷町線 天王寺駅
    More
  • schwa2(シュワシュワ)
    • 千日前線 日本橋駅
    • 堺筋線 日本橋駅
    More
  • 肉匠かど家 天王寺アポロ店
    • 御堂筋線 天王寺駅
    • 谷町線 天王寺駅
    More
  • CEREZO STORE
    • 御堂筋線 長居駅
    More
  • たこ焼道楽 わなか 千日前本店
    • 御堂筋線 なんば駅
    • 千日前線 なんば駅
    More
  • 鶴橋らーめん食堂 鶴心 あびこ本店
    • 御堂筋線 あびこ駅
    More
  • 英国風PUB HUB 心斎橋店
    • 御堂筋線 なんば駅
    • 千日前線 なんば駅
    • 御堂筋線 心斎橋駅
    More